1. TOP
  2. 未分類
  3. ファクタリングの審査基準!ファクタリングの審査に通るには?

ファクタリングの審査基準!ファクタリングの審査に通るには?

ファクタリングは銀行の融資と混同されがちですが、実はファクタリングの審査基準は銀行の融資の審査基準とはまったく異なります。
ファクタリングの審査をスムーズに行うためにも、審査の内容を事前に把握しておきましょう。

ファクタリング審査で最も重要なポイント

まず、ファクタリング会社があなたの会社の売掛債権を買い取るかどうかを審査する際に重要視するのは、以下のポイントになります。

【ファクタリング審査のポイント】
・売掛金が実際に存在しているか?
・売掛金清算までの期日が長すぎないか?(60日以内が妥当)
・該当の売掛金は不良債権ではないか?
・該当の売掛金の仕事は完了しているか?(サービス提供済み)
・該当の売掛金の請求書は発行済みか?
・該当の売掛金が二重譲渡になっていないか?
・売掛先の過去の支払い状況は健全か?
・売掛先は個人事業主ではないか?

これらの点で審査され、問題がなければファクタリングを実行することができます。

ファクタリングにおいて最も買い取られなかった事例の要因とは、『売掛債権が存在していなかった』というものです。
『売掛債権が存在していなかった』とはどういう状況かというと、
・請求書が未発行の場合
・二重譲渡(すでに別のファクタリング会社に譲渡された売掛金だった場合)
・売掛先が個人事業主である場合(信頼性が薄いため懸念されやすい)
こういった場合、正式な買取可能な売掛金だとしてみなされない場合が多いので、注意しましょう。

信頼性の高い売掛金をもっていることが大事

ファクタリングの審査では、借入れではないため、利用する側の信用度よりも売掛債権の審査が重点的に行われます。

ファクタリング持ち込み可能な売掛債権
債権に関する商品やサービスを提供済み
請求書発行済みの債権
清算日が決定している債権
過去支払い履歴が良好な債権
清算日が半年以内の債権
これらの5点がファクタリングにおいて売掛債権について主に審査されるポイントとなります。
ファクタリング会社によって、審査基準はさらに細かいこともありますが、上記5点は基本的な基準です。事前に、この5点の基準を抑えているかどうか、売掛債権の確認をしておきましょう。

融資を断られてもファクタリングできる

ファクタリング以外の一般的な資金調達方法として、銀行の融資があります。
しかし審査の厳しさなどから、融資を断られる場合もあります。
ここでは、融資とファクタリングの審査基準の違いについてまとめていきます。

【融資の場合】
形式:金銭の貸借
手数料(金利):年15%以下(100万以上の場合)
審査対象:主に融資を受ける会社の信用力
調達可能金額:評価によって変動
リスク:・売掛先が破綻した時の責任を負う
    ・償還請求権がある

【ファクタリングの場合】
形式:売掛債権の売買
手数料(金利):買取金額の1.5%~10%程度
審査対象:主に売掛先の信用力
調達可能金額:売掛金の範囲内
リスク:・売掛先が破綻した時の責任を負わない
    ・償還請求権がない

融資の審査基準

融資の審査基準は、以下のポイントになります。
・会社の経営状態は健全か?(決算書を参照)
・税金などの滞納がないか?
・直近で返済に遅延が見られないか?
・会社のバランスシートに対して今回の融資額は妥当か?
・会社の売上推移は下がっていないか?(許容範囲かどうか)
・信用情報は汚れていないか?(小口の借入れなど)
一般的に、これらの状況を審査されます。

ファクタリングの審査基準

続いて、今度はファクタリングの審査基準は、以下のようになります。
・売掛金が実際に存在しているか?
・売掛金清算までの期日が長すぎないか?(60日以内が妥当)
・該当の売掛金は不良債権ではないか?
・該当の売掛金の仕事は完了しているか?
・該当の売掛金の請求書は発行済みか?
・該当の売掛金がすでに別のファクタリング会社などに売りに出されていないか?
・売掛先の過去の支払い状況は健全か?
・売掛先は個人事業主ではないか?

融資の基準とファクタリングの基準を比較すると、決定的に違うのは、
融資:借りる会社の信用が審査される
ファクタリング:売掛先の信用が審査される
という点になります。
なぜかというと、ファクタリング会社の側からすると、売掛債権の譲渡金を渡す利用会社よりも、買い取った売掛債権の売掛金を支払う売掛先の信用の方が重要であるためです。

しかし、2社間ファクタリングの場合は、売掛先からファクタリング会社を経由してファクタリング会社に入金することになるため、ファクタリング利用会社の経営者の誠実性や信用なども審査の要件に入ってくるため、注意が必要です。

ではここからは、もっと詳しくファクタリングの審査基準を詳しくみていきます。

2社間取引の場合の審査基準

審査基準①売掛先の信用

繰り返しになりますが、ファクタリングにおいては、「売掛先の信用」が売掛債権の譲渡にあたって最も重要な項目となります。
ファクタリング会社にとっては、もし万が一売掛先が倒産したり、売掛先がお金を入金しないなどのトラブルが発生してしまうと、売掛金を回収できず損失を被ることになってしまいます。そのため、何よりも売掛先の信用力を確認することになります。

なお、「売掛先の信用」とは具体的には、以下のものが挙げられます。
・帝国データバンクや東京商工リサーチなどの信用情報の点数
・法人信用情報
・ファクタリング利用会社と売掛先の取引期間の長さ
・利益額・利益率・フリーキャッシュフロー
・借入件数
・借入の返済履歴
・自己資本比率
つまりは、「売掛金の入金を確実に行う会社かどうか」を審査されることになります。

審査基準②入金までの日数

ファクタリングは、売掛債権を譲渡してお金を受け取る仕組みです。
「売掛債権の譲渡金を支払ってから、売掛金が入金されるまでの期間」が短ければ短いほど、ファクタリング会社にとってのリスクが小さくなります。
そのため、以下の2点が審査基準となります。
・譲渡金の支払いから売掛金の入金までの期間が短い
・申込から売掛金の入金までの期間が短い

審査基準③ファクタリング利用会社の信用

3社間ファクタリングであれば、売掛金は売掛先から直接入金されるため、ファクタリング利用会社の信用力は重視されません。
しかし、日本では2社間ファクタリングが主流となっています。2社間ファクタリングの場合は、
売掛先→ファクタリング利用会社→ファクタリング会社
という流れで資金が入金されます。
そのため、ファクタリング利用会社の経営状態が著しく悪く、ファクタリング利用会社に売掛金が入金された直後にファクタリング利用会社が倒産してしまうと、資金を回収できなくなるというリスクがあります。
そのリスクを回避するために、2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング利用会社の信用力も審査の要件となるのです。
なお、ファクタリング利用会社の信用力は以下の点で審査されることになります。
・ファクタリング資金の使途
・資金繰りの状態
・フリーキャッシュフロー
・他社借入件数
・他社借入の返済履歴
・税金の滞納の有無

審査基準④ファクタリング利用会社の経営者の誠実さ

2社間ファクタリングの場合は、繰り返しになりますが、
売掛先→ファクタリング利用会社→ファクタリング会社
という流れで資金が入金されます。

ファクタリング利用会社の経営者に誠実さがないと、本来ファクタリング会社に支払うはずの売掛金を、他の借入の返済に使ってしまったり、他の支払に使ってしまったり、従業員の給料や納税に使ってしまうなどのトラブルが起こりやすくなります。
そのリスクを回避するために、とくに2社間ファクタリングの審査では、
・経営者の人格
・面接での誠実さ
・必要書類の不備がないこと
これらの要素の審査が重視されることになります。
そのため、嘘をついたり、面談に遅刻するなど、誠実性を疑われるような行動には注意するようにしましょう。

審査基準⑤譲渡登記ができるかどうか

譲渡登記ができれば、ファクタリング会社は第三者対抗要件を得ることができます。
つまり、譲渡登記により、「この売掛債権はファクタリング会社のものである」ということを公的に証明することができます。
譲渡登記ができれば、万が一、売掛金をファクタリング利用会社が他の目的に使ってしまった場合でも、訴訟などの対応がとれるため、ファクタリング会社にとってのリスクを小さくすることができるのです。
そのため、債権の譲渡登記ができることは、ファクタリングの審査において重要なポイントです。

審査基準⑥調達希望額と売上規模のバランス

たとえば、月商が100万円しかない企業が500万円の売掛債権の買取を希望することは、過去に前例のない取引だということになります。
こういった前例のない取引であるほど、
・売掛先が倒産してしまうリスク
・ファクタリング利用会社が倒産するリスク
・サービスや商品の納品に問題が出て、売掛金が入金されないリスク
これらのリスクが発生しやすくなります。
そのため、調達希望額と売上規模のバランスがファクタリング審査では重視されます。
一般的には、調達希望額が月商の半額以内であれば、ファクタリング審査の評価はプラスになると言えるでしょう。

まとめ

ファクタリング審査では、
売掛先の信用
入金までの日数
ファクタリング利用会社の信用
ファクタリング利用会社の経営者の誠実さ
譲渡登記の可否
調達希望額と売上規模のバランス
これらが審査基準となります。
ファクタリング会社にとってはリスクを回避するために審査を行うため、シビアにチェックされる項目です。
ファクタリングを検討する際には、これらのポイントを事前に確認しておきましょう。

ファクタリングの審査は、融資の審査と比べて圧倒的に早いことが特徴でありメリットです。融資の審査では1週間から、長くかかる場合だと2~3週間も時間がかかるのに対し、ファクタリングの場合だと、最短即日~3日程度で審査が完了することが一般的です。

ファクタリングの審査はある程度、形式化されているので、今回ご紹介した基準を満たしていれば、9割以上の確率で審査に通過するでしょう。

なお、審査に対してとくに柔軟な姿勢でおすすめなのが、三共サービス社です。
業界内でも手数料率がかなり割安なことで定評があります。一度、無料見積りを出してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

ファクタリングNavi|ファクタリングの始め方や上手な業者選びのコツをわかりやすく!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファクタリングNavi|ファクタリングの始め方や上手な業者選びのコツをわかりやすく!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ファクタリング会社を利用した取引先の信用調査!自社・信用調査機関との違いは

  • ファクタリングの資金調達にかかる所要日数は何日?即日の入金は可能か

  • ファクタリングのメリット・デメリットは?2社間取引・3社間取引の違い

  • ファクタリングの手数料相場を知らないと損する!手形割引や銀行融資との比較や内訳を徹底解説!

  • ファクタリングとは?仕組みを簡単にわかりやすく解説!融資との違いは