1. TOP
  2. 未分類
  3. ファクタリングの資金調達にかかる所要日数は何日?即日の入金は可能か

ファクタリングの資金調達にかかる所要日数は何日?即日の入金は可能か

ファクタリングは、最短で即日~3日で入金が可能な、即金性のある資金調達法です。
ここでは、なぜファクタリングはそれほど短い期間で入金が可能なのか、また、他の資金調達法と比較し、信頼性や手数料はどのように違うのかを解説していきたいと思います。

■各資金調達法の手続きと必要日数について
まず、各資金調達法について、それぞれ簡潔にまとめます。
【銀行融資】
・金利相場:低い
・費用項目:指定金利のみ
・対象事業規模:全て
・必要手続き:担保の提供(保証人・担保物件など)
・必要日数(申込~実行まで):1カ月程度

【募集株式の発行】
・金利相場:なし
・費用項目:登記に要する費用・株主が増え利益分配率の希薄化がリスク
・対象事業規模:大企業向き
・必要手続き:株主総会での承認/株主の募集・法人変更登記
・必要日数(申込~実行まで):1~2カ月程度

【社債の発行】
・金利相場:高い
・費用項目:金利のみ
・対象事業規模:大企業向き
・必要手続き:株主総会での承認/債権者の募集(登記が必要な場合あり)
・必要日数(申込~実行まで):1~2カ月程度

【ファクタリング】
・手数料相場:低い
・費用項目:手数料(※金利が発生する場合あり)
・対象事業規模:中小企業向き
・必要手続き:2社間の場合なし(債権譲渡通知・登記が必要な場合あり)
・必要日数(申込~実行まで):即日~1週間程度

【助成金・補助金】
・金利相場:なし
・費用項目:金利及び専門家に書類を作成依頼する場合の費用
・対象事業規模:全て
・必要手続き:政府機関/市区町村への申請手続き
・必要日数(申込~実行まで):2~3カ月程度

【ビジネスローン】
・金利相場:高い
・費用項目:指定金利
・対象事業規模:個人事業主・中小企業向き
・必要手続き:担保の確保(保証人・担保物件など)
・必要日数(申込~実行まで):即日~1週間程度

【消費者金融】
・金利相場:高い
・費用項目:指定金利
・対象事業規模:個人事業主・中小企業向き
・必要手続き:担保の確保(保証人・担保物件など)
・必要日数(申込~実行まで):即日~1週間程度

このように、申し込みから入金までの必要な日数だけで比較をすると、ファクタリング以外にも、ビジネスローンや消費者金融も即金性のあるシステムではあります。
しかし、法定ぎりぎりの金利では、長期的に考えると経営そのものを圧迫する原因となってしまう恐れがあります。

中小企業経営者の方の多くは、まず資金調達には銀行融資を検討されることと思います。
しかし、条件のよい融資を受けるためには、厳しい審査に通過する必要があります。
また、審査の期間は少なくても1カ月程度は確保しておかないといけません。
そのため、銀行融資には計画性が必要であり、常用しやすい資金調達法ではありません。

それらを加味すると、手数料が低く、迅速に資金調達できるのはファクタリングだといえます。

■各資金調達法にかかる日数とメリット・デメリットとは
では、今から各資金調達法のメリット・デメリットを詳しく説明していきます。

□金融機関融資での資金調達
多くの事業主がまず検討すると思われる、銀行・金融機関融資で資金調達ですが、これには、入金までに1カ月程度が目安となります。
これらの融資の金利は、長期的にみると有利であったり、他の融資方法に比べても一般的に低い傾向にありますが、これを受けるためには、厳しい審査と審査期間が必要となってきます。

また、不動産担保や連帯保証人などの担保も必要となってくるため、迅速に資金調達をするにはあまり適切ではないでしょう。

□募集株式発行による資金調達
募集株式の発行というのは、会社へ直接出資を募り、出資者へその対価としての株式を発行するという資金調達方法です。

出資された資金は会社の純資産となり負債ではないため、返済義務がないという点が大きなメリットです。
しかし、募集株式を発行すると登記簿上の「発行済株式総額」が変わることになり、必ず登記の変更をする必要があります。
また、株式が増えると利益分配率や1株あたりの決定権の割合が下がるので、株主総会での承認が必要です。
募集株式発行で資金を調達できるまでの期間は、募集から支払いまでに1カ月、そして登記に2週刊かかると仮定した場合だと、約1~2カ月の期間がかかってくることになります。そのため、これは計画的に、大規模な資金調達で使われる手段となっています。

□社債発行による資金調達
社債発行による資金調達の内容は、募集株式発行による資金調達と似ていますが、株式の発行が借金ではないのに対し、社債の発行は発行する企業にとっての借金であるという点だけが大きく違います。
社債発行による資金調達は、武州株式と同じく、長期的・多額の大規模な資金調達にむいているため、大企業に向いている資金調達法と言えます。

□助成金・補助金による資金調達
新規で事業を始める場合には、個人事業主から大企業まで規模を問わず、補助金や助成金が受けられる場合があります。
助成金や補助金は、国が指定している条件に該当すれば、低金利で長期間の借入が見込めることから、非常に人気があります。
しかし、書類作成が非常に難易度が高く、量も膨大となっているため、書類作成を専門家に頼むケースが一般的です。

申請は、会社や事業を行う場所を管轄している都道府県・市区町村や政府機関に対して行います。全体としてかかる期間を考えると、審査に大体1カ月程度、また書類作成に必要になる期間を含め、早くても2~3カ月はかかることになります。
なお、助成金・補助金の審査の基準は、成長性や安全性を重視されるため、銀行融資と同じく厳正な審査が行われます。

□ファクタリングによる資金調達
あまり認知されていませんが、ファクタリングによる資金調達は、「安全性」「スピード」「手数料の低さ」という点で優れている手法です。
ファクタリング会社の選択に失敗さえしなければ、会社の運営の改善につなげることができます。

ファクタリング会社の選び方や、人気ファクタリング会社のランキングなどを以下の「優良ファクタリング会社比較」ページに掲載してありますので、ぜひ参考にしてみてください。

⇒「厳選!おすすめ優良ファクタリング会社の選び方と比較ランキング」リンクへ誘導

\ SNSでシェアしよう! /

ファクタリングNavi|ファクタリングの始め方や上手な業者選びのコツをわかりやすく!の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ファクタリングNavi|ファクタリングの始め方や上手な業者選びのコツをわかりやすく!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ファクタリングのメリット・デメリットは?2社間取引・3社間取引の違い

  • ファクタリングとは?仕組みを簡単にわかりやすく解説!融資との違いは

  • ファクタリングの審査基準!ファクタリングの審査に通るには?

  • ファクタリングの手数料相場を知らないと損する!手形割引や銀行融資との比較や内訳を徹底解説!

  • ファクタリング会社を利用した取引先の信用調査!自社・信用調査機関との違いは